+++++++++++


by junkers-by-yun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

きいろいおふりょせっと



c0205258_2152405.jpg



弥生尽。

黄色いバスセットのプレゼントをもらいました。
元気のでるような、ビタミンカラーって、普段自分では買わない色なので新鮮でした。
これに合わせて、久しぶりに、おふろ用のアヒルでも買ってこようかな・・(笑。


午後、春色マドレーヌを買って、仕事をしながらみんなで食べました。
ヨックモックのお菓子って、ふと忘れた頃に、たまに食べたくなるよね。

弥生尽。
春ですな。
by junkers-by-yun | 2010-03-31 22:40 | 日常

約2週間




c0205258_1295897.jpg

とある火曜日のランチ。
海辺の、お気に入りのバーガーショップ。
磯の匂いの全くしない人港湾沿いを、観覧車眺めながら有明から豊洲まで移動して、
でっかいコーラと、でっかいハンバーガーで。



c0205258_0245070.jpg



とある土曜深夜のフルーツのデザート。
桜の蕾とプチ枯山水の夜庭を眺めながら。
綺麗にカットされたシンプルなデザートを少し。




c0205258_025133.jpg




とある水曜日のおやつ。
ずばり、「牛さんロール」かわぃぃ!!
なにこのモウモウ柄!!ぷぷぷっ
でもかわいいっっ(笑)




先週は日曜日から月曜日にかけて、大好きな人にぱたりと寄り添って、春の桜を想いつつ、まだまだ寒い日々が過ぎているから、ふと、桜咲いたら、今年も見に連れてってとおねだり。
去年は、東京タワーの夜桜、綺麗だった。


今年も桜季節がすぐそこまで来ていますな。
東京の満開は、月末月初のようで。

藍に映える夜桜も、蒼に浮かぶ可憐なまひるまの桜も、葉桜も、恋しい季節ですな。。
by junkers-by-yun | 2010-03-28 00:53 | 日常

春間近



c0205258_20444835.jpg




秋葉原でLunch。
パスタの後、友は苺のタルト。私は3種のベリータルト。

昨日も今日もあったかくて、いっきに冬物のクリーニングをしました。
ニットとか、ストールとか。こういう晴れた暖かな春の日には、お家で。

もうすぐ、桜の季節です。
桜は、華やかで儚くて凛として切なくて、好きです。

小一時間ほど前から急に、甘くて濃いミルクティーが飲みたくてしかたありません。
コンビニに買いに行こうかどうしようか迷いながら、GHIBLIsetで今夜はHouseを聴いています。
トランスほどの激しさではない、ハウスがくれる程よい高揚感が、好きです。


桜も紅葉も雪景色も視覚的に廻りくる四季はそのままに、気温だけ、常に5月と10月であってくれたらいいのにねぇ。。
by junkers-by-yun | 2010-03-14 21:05 | 日常

雨の日曜日



c0205258_013251.jpg



シャン・・シャ・・シャンドゥ・・。
まぁ、なんとかホワイトモカ。(笑)。

コーヒーショップの中で、Tully'sが一番好きです。

珈琲と煙草と画廊と絵が好きな親愛なる友と、久しぶりに語り合いました。
少しの宗教観とか(←私は無宗教。友は無宗教ではあるけれど、万物に感謝を示す心の豊かな尊敬すべき人。)、人間関係の意味とか、感謝についてとか、とある画家さんの話とか。。



日曜日は、久しぶりに、銀座をぷらぷらしました。
ウェンディーズが入っていたところは、アローズになっているし、以前通いなれた道に、前はなかったZARAがあったり、行きつけのアフタヌーンティーリヴィングはなくなっていたり・・
あぁ、そうそう、キルフェボンの前通るの忘れてたけど、銀座のキルフェボンは、同じ場所にまだ健在だろうか。。
街並みって、少し行かないと、変わってしまうね。


最近、お休みの日の外ランチはなぜか、日本蕎麦が多いゆんです。
銀座って和食屋さんもお寿司屋さんも多いのに、探すと意外とお蕎麦屋さんが少ないのは、
気のせいでしょうか・・

c0205258_23261193.jpg
最近お気に入りのお蕎麦屋さんがお休みだったので、あてもなく歩いて見つけた
別のお蕎麦屋さんへ。
しっぽり。まったり。
出汁巻きと板ワサで、ちょぃとだけ冷酒を。
〆に蕎麦。
休日のまひるまの、ささやかな幸せですな。




c0205258_23361452.jpg
そうそう。帰りに新宿に寄って、春めいた「桜茶」を買いました。

これ、ささやかで可愛らしくて、
女子友へのちょっとしたプレゼントにも、
気を使わせない感じで良いと思います♪@AfternoonTeaRoom
さすが、SAZABYさまさま。





おうちに帰って、
深夜、ひとりまったり和なティータイム。c0205258_23401374.jpg

ベースは昆布茶でした(笑)。
でも、した~の方に、昆布茶の粉末と共に、
ピンク色の桜の粉末が。。。
金箔と桜のあられが浮かんでいて、綺麗でした。

昆布茶って、たまに飲みたくなるよね。
あれって、アミノ酸とかの旨み成分の、
精神安定沈着効果だそうで。

海外で極度のホームシックにかかって、運よく日本人の医師を訪ねることが出来た人が、
「インスタントでもいから、お味噌汁飲みなさい」とお医者さんに言われたそうな。

コクコクの和出汁感が、日本人には、ちゃんと安定剤になるのだそうで。。

でも、それ、なんか分かる気がする。
心底、ほっとする味というか。。。


c0205258_23551513.jpg
それから。
春だから、お茶置きに金平糖引っ張り出してきてみました。
金平糖って、見てるだけでも可愛いよね。







・・春よ、来い。
by junkers-by-yun | 2010-03-07 23:59

雨と水玉と



c0205258_174136.jpg




東京は午後から雨でした。

夕方仕事を早く切り上げ、大好きな人と待ち合わせして、映画を見てご飯食べて、水玉とアシンメトリーすてっちの、私が選んだその黒いネクタイが今一番お気に入りと言ってくれて、とても良く似合っていて、嬉しかった。

会いたい人に会えるって、本当は当然と思っちゃいけなくて(日常になってしまうと人はつい何でも当然と思ってしまいがちなことも多いけど)、どんな関係でも、相手が友達でも家族でも、それって、とても幸せなことなのだと思うよ。


今日は出来るだけ残業しないために、日中がんばってぎゅうぎゅうに働いたため、ランチは16時に会社の近くのイタリアンで。
最近ずっと、ひとりランチでよく使うお店の、絶品マルゲリータ。

とてもシンプルで、食べると、ジュワッとトマトの果汁が溢れ出す、本当に絶品のマルゲリータ。
by junkers-by-yun | 2010-03-04 23:59 | Private

ももももももも・・・




きょうは、おひなさま・・ですな~

かふぇで、もものじゅーすと、じゃーじーみるくろーる、たべました。





無論、そんな歳でもないのですがorz(笑。
by junkers-by-yun | 2010-03-03 19:28

絶望スパゲッティー




切ない。
なにが、ということではないけど。
いや、理由はあるのかもしれないけれど。あえて触れず。


見ず知らずの人の文章を幾つか読んで、ふと考えた。
誰かの信念や拘りや主観を否定するつもりはないけど、例えば両極の考えの誰かと誰かが交わった時というのは、両者が両者を誤りだと密かに思い続けるのだろうか・・とか。
そんなことを考えながら、洗濯物を静かにたたんでいる深夜。

じゃぁ、私はなんでこんなに此処に執着しているのかと、ふと自分に置き換えて考えたり。



写真を見て、すっと単語やリリックが自然に浮かぶのは、私の世代の歌詠みなら自然なことかもしれない。
少なからず、歌を詠んできた道中に「写真短歌」というカテゴリーを通過してきた世代だと思うから。


最近、短歌とは全く違う側面から、どういうわけか仕事のなりゆきで、商用媒体のデザインとコピーを学んでいます。
どういうわけか、というのは、在るべきものが無いことに当然の風潮があったり、物理的に人が全然足りないとか、色々な諸事情が重なって。。
私は古典絵画を専攻していたので、デザイン関連はほんの基本的な触りしかやっておらず、プロフェッショナルな人から見れば、私の技量はほぼド素人。でも、一応アートを齧ったはしくれなので、それなりには仕上げたいと、日々、製作に格闘中です。

改めて、糸井重里という人の偉大さに感服。



関係ないけれど、今日久しぶりに「絶望スパゲティー」という単語と再会しました。
再会した瞬間、久しぶりに、歌が詠みたくなりました。

コピーのヒントとかではなく、全くそんなことに触れもせずに、真っ先に「歌」を詠みたくなった自分に感謝。
私の中で、しばらく歌は旅に出てしまっていたので、数ヶ月ぶりにまた玄関のドアを「タダイマ」と叩いて、私の元に帰ってきてくれたみたいな気がして。だから、少し嬉しかった。


あぁ、そうそう。でもね、切なさっていう感情って、人が生きる上では、常に少しは、必要だと思うんだ。きっと、ゼロじゃいけないんだと思う。
感受性って、人間だけが持てた才能だと思う。

例えば小さい頃から学習塾に行くよりは、幼少には情操教育を重要視するほうが、本当はずっとずっと大事なような気がする。。
by junkers-by-yun | 2010-03-03 01:16