+++++++++++


by junkers-by-yun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Winter comes around




c0205258_1263744.jpg



本日の夕飯。
煮込みハンバーグとバターライスと野菜いっぱいのポテトサラダ。

ワンプレートだけど、密かに野菜いっぱいの秘密裏なハンバーグプレートです。

なぜなら、小ぶりだけど丸ごと一個の玉葱をハンバーグに入れて捏ねて、煮込みソースにはカゴメの無塩野菜100%ジュースを使っていて、意外と野菜が大量に摂れる優れものプレートです。
ワンプレートって、簡単でいいですね。

あ、ポテトサラダはお惣菜です(苦笑。
平日にポテサラ手作りは、けっこう至難の業につき、ゆんのポテサラはいつもお休みの日限定です。

ワンプレート大好きだけど、でも、やっぱり日本人だから、一汁三菜の素朴な和のおうちごはんも無性に恋しくなりますが。。。人間、わがままですな。


20歳くらいの頃から、いつか小っちゃいカフェと雑貨屋さんを作るのが夢でした。
ランチの美味しいカフェ。コーヒーは、コーヒー狂の書家の友人の担当です。私はご飯とデザート係り。
そうだ♪紅茶は別の友人から仕入れよう、と目論んだり。それを彼女に話したら、「私、紅茶売ってるけどコーヒー党なんだよね。それに、私その頃結婚してるからパートでいいw」と言われたり。。

絵を描く小さなアトリエと好きな雑貨屋さん兼カフェに、無名の陶芸家さんの食器を売って、自費出版を余儀なくされてる若い俳人さんや歌人さんや画家さんや写真家の本を積極的に置いてあげたり、個展でも安く場を提供して若い作家さん達にもたくさん使ってもらえるような、美大生が集えるカフェとか。でも、アートに興味ない普通のサラリーマンやOLさんも、ご飯が安くて美味しいから気軽に一人でランチ立ち寄ってるって言ってもらえるような、そういうカフェやりたいなって、学生の頃思ったりしてました。
夕方でお店閉めて、土日は不定休。だっておうちのことやりたいし、夕方からはおうちの夕飯つくりたいから、と言ったら、「うん、そりゃ商売としてはリアルにダメだね(笑)」と、よく言われますがorz・・・はい。そう思います:;

なんか、そんなことを思ってた学生の頃を、懐かしく思い出しました。


なんかここ10日くらい、一人空回っていました。
でも、今日なんとなく、渋谷の246の歩道橋の上からF21の派手なイルミネーション見てたら、自分の中で自分を勝手に巻き付けてたものが、全部紐解けた・・・というか。
ここ10日ぐらいきっと、勝手に色んなこと考えて、勝手に遠慮したり、会いたいと言うのを我慢したり、自分の法的な立ち場というものに無意識に弱さや劣等感を感じたり、それで、不要な気を回したり。
でも、歩道橋の上でなんとなく立ち止まって、246見下ろして、2ヶ月前は大きな交差点に立つ度に、私多分ここに飛び込んでもいいと思えたことも何度もあったけど、今は信じられるものがちゃんとあるのだから・・と思ったら、何か絡まった紐がするすると解けていくみたいに、もっと、プライベートくらいは素直にいようと思えました。

そう思って、夕方、思うままにメールを1通飛ばして、おうちに帰って、大事な人の大好きなハンバーグをせっせと作る。



もうすぐ冬ですね。
早いなぁと。

人を見送った後の深夜の帰り道って、いくつになっても、なんでこんなに物悲しいのかな。。
大人になっても変わらないね。
コートのポケットに手を入れて、still love her とWinter comes aroundを歌いながら、オリオン見上げたら、毎日間違いもせず今日も真上にちゃんと在って、すごく綺麗でした。

still love her も、Winter comes aroundも、冬のロンドンを綺麗に想わせてくれます。


いつか、ロンドン行こっと。。
by junkers-by-yun | 2012-11-15 02:22 | Private

指摘と困惑




c0205258_1171662.jpg




私という人間をよく理解してくれている親友からメール。「仕事の日記、また消してる」
うん。消した。と短く返信。
最近仕事先の後輩の自己正義にうんざりしていたけれど、結局採用を決めた自分にも教育責任や採用責任があるのだと思ったら、読み返して馬鹿馬鹿しくなったので、さくさく消しました。

「ゆんの日記は何言ってるのか分からん」と、別の友達から言われた事あります。
「よく消すよね。でも気持ち分からなくもない」と、別の友人から言われたり。
まぁ、それでも、消さなくなったほうだと思います。
昔のブログやmixiやtwitterでは、あまりにサクサク消しすぎて、時々「せっかくコメント残したのに消されると悲しい」と言われた事もあったり。

「書くこと」は私にとってただの感情整理だから。「記事」じゃないから。だから見逃して欲しいのです。


それから、少しの困惑。
男の人って、ずっと自分の所に居ると思ってた子が手元から飛んで行ってしまったと思った途端に、慌てて連絡してきたりするのって、あれ、何でしょうね。
なんか、ものすごく勝手だなと。
「そういうのは、2年前に言ってよ」
どんなに遅くても、1年前だったら、何かが違っていたかもしれないけれど。
私はもう違う未来を大事にしていて・・だからもう、戻れない。

「急にどうしたの?今彼女さんいないの?」と訊いたら、「いる」
意味が分かりませんorz


写真は、先週の渋谷からの夜景。
携帯で撮ったのに、綺麗に写せてよかった。


ものすごく、ものすごく大好きだった人です。
でも、決定的に違うこと。
2年前に同じ事を言われても、私はこの人との50年後を、想像できなかった。

だから、これでいいのです。
by junkers-by-yun | 2012-11-12 01:29 | 非日常

郷愁





c0205258_0145186.jpg




田舎から、今年も新米が届きました。

新米10Kgと、隙間埋めに、また色んなものが入っていました。
地元の農家の曲がったきゅうりと紫の以って菊まで。
人参もジャガイモも玉葱も、こっちでも買えるよ・・・?(^^;)と思いつつ。コンソメやらチーズやらナメタケの瓶詰めやらオリーブオイルやら・・・信州のお蕎麦(お土産)まで(笑。

離れて暮らす母親って、こんなものなのでしょうね。
今回は入っていなかったけど、時々、お菓子も入っていたりします。

母から電話。「届いた?」
うん。届いた。
けど、毎日バタバタしているから、葉物の野菜は必要なときに都度買いたいから、送らなくていいよといているのだけれど、この以って菊、どうしようかのう・・
日曜の最終便で届いた日には、そこから花びらむしっておひたし作る気にはなれずorz
おひたしにして、マヨネーズ醤油で食べると、美味しいんですがね。
しかも、関東のスーパーじゃ黄色の菊は売っていても、紫の以って菊は売ってないから、とっても有り難いんですがね。。

ここ15年くらいで、オカヒジキは関東の普通のスーパーでも買えるようになりましたが、なんで紫の以って菊は売ってないのでしょう。。黄色いのは売ってるのに。でも、黄色いのより、紫のほうのが断然美味しい!

オカヒジキのおひたしは、辛子醤油で無性に時々食べたくなります。
紫の以って菊のおひたしは、無論マヨネーズ醤油でしょう。

夏には丸茄子のお漬物やオカヒジキのおひたしや、ナズナの入ったイルカ汁や、秋には芋煮や、冬には釜揚げのハタハタが食べたくなるのは、完全に郷愁の味なのだと思います。
三つ子の魂百までも・・じゃないけど、子供の頃の味覚の形成も、百までも続くものなのかもしれません。


あまり日持ちしないから、仕方ないので明日明後日中には菊の為に早く帰って、花びらむしって茹でましょうかね。。
by junkers-by-yun | 2012-11-12 00:25 | 非日常



c0205258_3505152.jpg



写真は、この秋見つけた、絶対に立ち入れないカフェ。

入っちゃダメ言われると、ますます潜入したくなりますな。
でも、ゆんは絶対入る事のできないカフェ。。。(´・ω・`)ぬーん。

熱帯雨林さん、さすがです。


今週は、お風邪をお召しの方、多いですね。
昨日今日、うんと寒かったから。
あっちもこっちもそっちも、かぜっぴきだらけ。でも、こっちのかぜっぴき君が一番心配です。

今日の昼間、かぜっぴき君のためにせっせと仕込んだ、「かぜ早く良くなれセット」。(なんだそれorz

宵の入りに「良くなったかも」と言われたので、良くなったのにこれ渡されても手元で邪魔かな・・と思って撤収したら、2時間後、まっくす調子が悪くなってきたと言われましたorz ゆん、読み甘し。置いたままにすれば良かった(:;)

明日は、ちょっと小春日和が戻るそうです。
一先ず、こっちのかぜっぴき君がインフルじゃありませんように。。

先週と今週は、仕事もプライベートも色んなことを考えてしまって、昨日今日と夜会社を一歩出た瞬間に、誰かに駄々甘えしたい衝動にかられています。

帰宅して、友人が書いた「優しさ論」を何度も何度も読み返す。
20代半ばまでは過去が大事で大事で、まだ来てもいない未来なんかより、圧倒的に過去が大事だった頃が懐かしく思い出されます。ただ過去が、最大に大事だった20代半ばまでの頃。
自分を作り上げてきた過去を取ったら、emptyマークがピコピコ光りそうで怖かった。自分を形成しているのは過去で、それが全てだと思っていました。
少しでも自己のアイデンティティーが欲しかったから、それを過去過ごした時間自体に代替として求めていたのかもしれません。

でも今は、未来が大事です。

10代や20代の頃のような自分を中心に置いたきらきらした夢や未来じゃなくて。もっと穏やかで柔らかい色の未来。
大切な人と寄り添える穏やかで温かい未来が、今は何よりも大事になりました。

多分、これからも。
by junkers-by-yun | 2012-11-07 03:54 | Private

白いハンバーグ




c0205258_422823.jpg




ワンプレートのハンバーグランチ、友人宅でせっせと作る。

サラダはスーパーで売ってたサラダ用のカット野菜を利用(いわゆる手抜き♪)
ご飯はお茶碗によそって、パカッ。丸くしてパセリ振るだけで、なんか可愛いw
ハンバーグのソースは、冷蔵庫に残ってたえのきを拝借。それからマッシュルームと玉葱入れて、牛乳と生クリームとバターとコンソメと、クレイジーソルトと黒胡椒をガリガリ。

真っ白いハンバーグプレート♪の大人さまランチ。


友人が、「タバコ屋さんをやりたい」とおもむろに。
可愛らしい女子の発言とは思えず(笑。
「え?今このご時世に?」
思わずつっこんでしまいました。

「このご時世なんだから、タバコ屋さんじゃなく、せめてシガレットバーにしたら?」と提案。
「なにそれ!?」と、きらきらした瞳で見ないで眩しい(笑。

ほら、チョコレートバーとか、お味噌汁カフェとかあるみたいに、世界中のタバコと国産のタバコ、1本からオーダーできてお酒と一緒に嗜めるお洒落なバー。葉巻とかも置いて。
葉巻売りにしているバーはあるけど、シガレットバーはないから、お洒落なバーにしたら、JTさんが何か協賛してくれるかもよ?と、完全なるフラッシュアイデアで言ったら、妙に気に入ってくれました。

だって、試しに吸ってみたい銘柄があっても、普通1箱から買わなきゃいけないか、もしくは貰いタバコしかないでしょ?でも、国内で普通に買えるタバコは1本30円とか、外国でしか売ってないタバコは1本50円~とか。で、お酒飲みながらオーダーできたら、隙間産業としてはいいんじゃない?
それから、喫煙ルームならぬ、禁煙ルーム作ったら?

私はとある事情で行かないけど。だって今ノンスモーカーを目指してるのに、そんなとこ行ったら吸いたくなっちゃうしorz
あ、でも、店内の通常スペースはバルっぽくバーっぽくして、禁煙ルームだけはちょっとラグジュアリーなインテリアのソファー席とかで、まったりお酒と美味しいおつまみだけ嗜めたりしたら、素敵かも!そしたら、ノンスモーカーの人連れて行くと!と、協力意思だけは表明。


突飛な友人の夢と、奇抜な真っ白いハンバーグで、ランチ。
今日も良い秋晴れでした。


また明日!
by junkers-by-yun | 2012-11-05 01:17 | 非日常

迎賓館までお散歩




c0205258_4254011.jpg



土曜日、赤坂離宮の迎賓館へ。

木金土(祝)の、三日間だけ、敷地解禁。
外門も内門も、すごく素敵でした。

お天気も良かったし、紅葉の並木道も石畳も素敵だったし、なんか、ここだけ外国みたい。

ちょっとだけ、旅行気分。トラベラーズハイ的な高揚感。
デートコースには最適なスポット。

案外若い人もとても多くて、もっとご年配の方ばかりかな・・と思っていたけれど、こうゆう高尚な場所にデートに来ている20代のカップルや、子供連れで来ている若いご夫婦を見ていると、なんだか純粋に、「良いと思います!」と思ってしまう。。

こういう場所にちゃんと興味を持てる若者って、素敵です。
こういう場所を、情操教育として小さな子供にもちゃんと見せる親御さんって、素晴らしいと思うのです。
感受性は、観て聴いて触れて育つものだから。

ブルーと金の内門のしましまの配色も、洋館のたたずまいも、なんだかエルミタージュみたいでした。

めったに入れないから、来れて良かった。


帰りに、PAULのパンを買ってもらいました♪
美味しくて、嬉しくて、幸せ。


とても穏やかな小春日和の土曜日。
とても穏やかな、神楽月最初の週末。
by junkers-by-yun | 2012-11-04 23:59 | Private

Peace!




c0205258_0193959.jpg




2012年もあと残り2ヶ月。
10月最後の日のランチ。うん、ピースフルな光景です。私にとっては。

ハンバーグとダーリン。
似合いすぎです。

ビストロ石川亭。初潜入。
賽の目にカットされた山芋?長芋?が入った、ふわふわなハンバーグ。

これはおうちじゃ再現できないから、ここで食べれて、満足満足。
連れてきてくれて、ありがとう。


そうか、ハンバーグの下に、ほうれん草のソテーを敷くという手法があったのか・・と学ぶ。
マッシュポテトが敷かれていることもあるそうで。。
ほほー。。。φ(-ω-;)

今度おうちハンバーグで美味しいマッシュポテト添えようっと♪


大好きな人と、美味しい物を食べれるのって、幸せですな。。
by junkers-by-yun | 2012-11-01 00:17 | Private