+++++++++++


by junkers-by-yun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧




c0205258_15255735.jpg

桜のシフォン。
ホールでシフォンをもらったのは初めてです。
桜、というところが、嬉しさ倍増!

ホワイトデーにしょぼぼぼーん…といじけたら、翌週、大好きな桜の特大ケーキを携えてやってきてくれた。。

気持ちがあれば私はなんでも嬉しいのだけど、桜のホールシフォンは、今でも嬉しさ継続。
桜♪桜♪ 淡いピンクのふわふわ生地も、桜の葉の香りも、選んでくれたその人の思いにも時間にも、感謝。ありがとう。

ロイヤルミルクティー、淹れました。
練乳入りのオリジナル。茶葉は日東紅茶のディンブラブレンドだけど。。



生理的側面の相性が合致しているか否かは、変える事が困難ゆえ、共存する上では重要な事項です。

例えば考え方や理想やルールは、
新たに構築することも、ミックスすることも、変えることも、容易くもないが決して無謀ではない。
転校や転職をすればルールも変わるし、引っ越せば住まう環境も変わるし、結婚すればみな一人の理想から二人の理想へと組み立て直し、新たな家族ルールを夫婦で構築していくように、意外と習慣や倫理観や道徳性、考え方に関しては、人間、多少の変動への適応力も順応性も備えている。
よほど、誰もが変だと言う非常識な事でなければ、大抵は、誰しも良識に沿って互いに理解し合い歩み寄って行くことは、多くの人は可能なのだそうで。
けど、本能的生理的なものを変えるのは、生物学上、最も困難なことらしい。

そういう意味では、長い時間を共存するパートナーは、食の好みが合う事、性的な相性が合う事、睡眠環境を共有しても互いが苦痛なく眠れること、この生物学上の三大欲求の相性がかけ離れていない事が、最も大事なのだそうです。

食の好みが全く合わない人、睡眠の相性が全く合わない人、性的側面が合わない人、これらは短期間の恋愛関係なら問題なくとも、長い時間を共存するパートナーとしては、不向きなのだとか。 …そりゃそうだ。

言われてみれば、甘いものを一切一緒に食べてくれなかった人とも、チーズ一切が嫌いな人とも、異常な偏食家な人とも、食に細かすぎた人とも、歯ぎしりで毎晩起こされた人とも、確かに、私この先何十年かこの人と生きる気がする…とは、漠然としたイメージすら、一切湧かなかったな。。orz

おそるべし、生体。おそるべし、本能。


































by junkers-by-yun | 2014-03-24 23:33 | Private

春まだ浅き




c0205258_3384889.jpg


有毒の紅き珠生り沈丁花 

下の句の構築途中で放棄。
意図せず俳句となる…の巻。


沈丁花 みだれて咲ける 森にゆき わが恋人は 死になむといふ (若山牧水)

かみしもの対比が鮮やかな傑作と思います。


春は、沈丁花と桜が好きです。
秋なら、金木犀。
10代の頃にはすでに好きだったと思います。
日本人のDNA…の仕業なのですかね。。分からないけれど。

沈丁花の花言葉は、不滅、完全。
毒も持ってこそ完全不滅になれる…ということなのでしょうかね。。
馨しい沈丁花には毒、優美なバラには棘、満開の桜の木の下には死体…
どれも対比的な陰陽が、より陽面の魅力秀でさせるというか。。美しさを強調させる裏腹さの例えなのかもしれません。

あんなに清楚な白い花を咲かせて、芳しい香りで一面を満たすのに、沈丁花の雌木の赤い実は、有毒なのだそうです。


写真は沈丁花とは全く関係ありませんが、頂き物の洋花のブーケ。

春ですね。暦的には。
外はまだまだ、浅春ですが。






































by junkers-by-yun | 2014-03-06 01:10