+++++++++++


by junkers-by-yun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

春まだ浅き




c0205258_3384889.jpg


有毒の紅き珠生り沈丁花 

下の句の構築途中で放棄。
意図せず俳句となる…の巻。


沈丁花 みだれて咲ける 森にゆき わが恋人は 死になむといふ (若山牧水)

かみしもの対比が鮮やかな傑作と思います。


春は、沈丁花と桜が好きです。
秋なら、金木犀。
10代の頃にはすでに好きだったと思います。
日本人のDNA…の仕業なのですかね。。分からないけれど。

沈丁花の花言葉は、不滅、完全。
毒も持ってこそ完全不滅になれる…ということなのでしょうかね。。
馨しい沈丁花には毒、優美なバラには棘、満開の桜の木の下には死体…
どれも対比的な陰陽が、より陽面の魅力秀でさせるというか。。美しさを強調させる裏腹さの例えなのかもしれません。

あんなに清楚な白い花を咲かせて、芳しい香りで一面を満たすのに、沈丁花の雌木の赤い実は、有毒なのだそうです。


写真は沈丁花とは全く関係ありませんが、頂き物の洋花のブーケ。

春ですね。暦的には。
外はまだまだ、浅春ですが。






































# by junkers-by-yun | 2014-03-06 01:10